倉敷リハビリテーション学院の学生の皆様へ

 

学生の皆様には、新型コロナウィルス対策にご協力いただき感謝申し上げます。

本来でありますと、新学期を迎え、通常通り学業に専念されている時期でありますが、新型コロナウィルスの感染の影響で学院を閉鎖し、学生生活に深刻な影響が出ています。それにより学生の皆様には多大な不安、不便等強いておりますことに大変申し訳なく思っております。

 

当学院においては、当面5月6日までの休講、開始後においてもクラスターを発生させないよう学年ごとによる授業形態の変更、学生の皆様の協力による毎日の体温チェックなど、できる限りの対策に取り組んでおります。

 

4月16日に政府による緊急事態宣言が発令されました。この国難に対しこれ以上感染を広げないようわたし達一人一人の行動変容が「命」を守る行為だと考え、感染対策に取り組んでもらいたいと考えます。

 

学生の皆様へは休校措置などで非常に大きな戸惑いや不安の中で日々を過ごしていると思います。皆様への迷惑が掛からないよう、紙面課題作成、オンラインでの授業の検討、準備等に現在取り組んでおります。皆様への学習の影響が少なくなるよう努力していますので、安心ください。

 

皆様へは引き続き感染拡大を食い止めるため

・不要・不急の外出は控え自宅待機し、引き続き感染対策を十分に行ってください。

・将来の医療従事者として飲み会、会食など「3密」(密閉・密集・密接)を避ける行動を徹底してください。

・緊急事態宣言期間中は、自宅学習及び登校禁止を原則とし、事務手続き等のために短時間の登校を要する場合を除き、学院内への立ち入りを原則禁止します。

・ただし、上記の場合であっても用務後は速やかに帰宅するように心掛けてください。

以上のことをお願いしております。

 

一日も早く学院が再開され、笑顔で登校する日が一日でも早く訪れるように、学生の皆様、教職員が力を合わせ、思いを共有しながら、今できることをそれぞれの立場でしっかり担い、新型コロナウィルスと戦っていきましょう。

 

令和2年4月20日

倉敷リハビリテーション学院 学院長 福嶋 裕美子